痰が絡む 原因 ストレス

ストレスが原因で痰が絡むこともあります。

  スポンサードリンク

痰が絡む原因にストレスというものがあります。

 

多くの痰は肺の中に何かの異物が侵入してきたときに、痰というかたちで外に追い出すというメカニズムがあります。

 

もちろん炎症や癌などの病気が痰をどんどん出す場合もありますが、ほとんどは異物に対する抵抗が多いようです。

 

また気管支炎のように気管支に炎症が起こったときにも、その炎症の元であるウイルスや菌と戦った断崖として痰がどんどんでるわけです。

 

ですから痰はどんどん出してしまった方がいいとも言われています。
しかし、まったくその理由ではなく、痰が絡んで咳払いを何回もしてしまう場合があります。

 

そのときは思ったより痰が多くないことが多いようです。
もともと、普通に生活していても人間は痰を多少出しています。
しかし、少量だと無意識で飲み込んでいるだけです。

 

ストレスのときには胸や肩辺りにストレスのための硬直などがあり、それによって痰がたまっているように感じ、そのたびに痰を払おうとしてしまうことがあります。

 

多くの場合は肩や首、胸など、全体のリラックスによって解消されるのです。
痰の絡む原因の一つにストレスが挙げられるのはこのような場合と、痰がいつも喉にあるという、いわゆる神経質になりすぎてしまうこともあります。

 

確かに少量は普通でも痰は存在するので、それを異常に敏感に感じ取ってしまい、それを痰が喉に絡んでいると思いこむわけです。
それも過敏量によるストレスが原因と言えそうです。

 

  スポンサードリンク