痰が絡む 原因 高齢者

高齢者の痰が絡むときは要注意です。

  スポンサードリンク

痰が絡む原因として高齢者になるほどいろいろな原因で、このような症状になるとも言われています。

 

例えば若い頃からタバコなどを吸い続けていると、高齢者になるほどその影響はひどくなります。

 

また長期間吸い続けえきた高齢者は慢性気管支炎になっていることも多く、タバコが原因で痰がしょっちゅう絡むということもあります。

 

また、高齢者になると普通の咳払いが思いのほか難しくなります。

 

 

そこで普通だったら無意識に痰を咳払いして飲み込んでしまっている場合も、咳払いがなかなか難しくなることで痰が大きくなり喉に絡む原因になることもあります。

 

また80歳を過ぎた高齢者になると、誤嚥といって気道に異物が入ってしまい、詰った結果呼吸困難で死に至ることさえあります。

 

老人病院などではこの誤嚥や痰のつまりは命取りになりますが、これらはみんな咳払いをする力がなくなるからなのです。

 

そこまでいかなくても高齢者になるとどうしても咳払いが弱くなります。
また高齢者になるとウイスルや雑菌に対する抵抗力もないので、ますます痰が多くなり痰を出す力が弱まるという悪循環になります。

 

高齢者でも痴呆症や寝た切りになっている場合は、痰がからまないようにしょっちゅう気を付けて痰取りをしてあげることが必要ですので、付き添いの人などは注意が必要ですね。

 

このように高齢者になると、若い頃なんでもないような痰の絡みも結構重大なことに結び付いてしまうことになりますので注意しましょう。

 

  スポンサードリンク