痰が絡む 原因 夜

夜に痰が絡む原因について

  スポンサードリンク

夜に痰が絡む原因にはいろいろなものがあります。

 

もちろん風邪を引いているときや蓄膿症などを持っている場合はいつでも痰が多くなりますが、夜は頭が上にないので鼻からの鼻水や脳が喉に回りやすいということが言えるでしょう。

 

しかし夜だけ痰が絡むということになると、原因の一つとしてアレルギーの可能正があります。

 

ハウスダストのようなものに反応して、喉から痰が出たり鼻からの鼻水などが出て喉に流れて絡むというのが、夜に起こりやすい原因になる場合もあります。

 

また寝るときは寝室の空気が冷たかったり体が冷えたりすることもあり、急速な体温の差や空気の温度の差によって鼻水が出るということも考えられます。

 

これが夜に痰が絡む原因になっていることもあります。

 

これらの改善にはまず部屋の空気を綺麗にして掃除をよくすることも大切です。
そして寝室の空気を暖めることができればそれもいいでしょう。

 

また寝るときに布団を1枚多めにして体を冷やさないようにしたり、マスクをすることで吸う息を温かくすることができ、痰が絡む原因を少しでもなくすことができます。

 

他にも夜は乾燥しやすいのでそれも原因になることがあります。
加湿器を使ったり濡れタオルを近くに置いておくなどの対策をするといいですね。

 

また寝る前に温かいお湯やお茶を一杯飲むと喉の乾燥が随分違い、体も温まりますので効果があるのではないでしょうか。

 

また風邪などをひいていると、夜に痰が多くなることも多く鼻詰りもともなう場合は枕元にためネギを4等分に切ったものを置いておきましょう。
鼻詰まりが改善されるので痰も絡みにくく、スムーズに眠りに引き込まれます。

 

  スポンサードリンク