痰が絡む 原因 透明

透明の痰が絡むのは??

  スポンサードリンク

痰が絡む原因を考えるときにその痰の色も特徴になります。

 

例えば透明の痰のときも結構ありますね。

 

まず、痰というと気道の掃除をするために発生しています。
気管支のフィルターと掃除という二つの役割があります。

 

気道内掃除やフィルターの役割をしている間に、いろいろな色がつくということですので、ゴミの種類によっても色が変ってくるということもあるわけです。

 

もともと痰は無色透明の粘液となっています。
そこに蘂物やウイルスなどの感染、そのほか癌や蓄膿などの影響で痰に色がついていきます。

 

また血液などが入ってくると黒褐色になったり、オレンジ色にあったりします。
特にサラッとした透明の痰の場合は喫煙やアレルギー、ウイルス感染などの原因が多いようです。

 

特にトロッとした形状の場合は蛋白や白血球の成分が多く、やはりウイルスなどを攻撃した残骸と考える方がいいでしょう。

 

この痰の中に細菌が多くなると黄色くなってきます。
風邪のひき始めは透明の痰が多く、治りかけは黄色くなってくるのもこの理由からなんですね。

 

最初ウイスルによる風邪感染によって、散々戦った後はもう改善に向いますが、その頃になるとウイルスの残骸も多くなります。
やはり風邪の最後には痰が黄色くなるわけです。

 

逆にその色は戦った結果の勲章のようなものかもしれません。
そうなると透明の痰だけで終った風邪は、もともとそんなに大したことがなかったと言うことかも知れませんね。

 

このように痰の色はいろいろな意味があり、透明の痰が絡むときは風邪のなりかけや、気管支炎などに多いということになります。

 

  スポンサードリンク