痰が絡む 原因 黄色

黄色い痰が絡むのはウィウスのせい??

  スポンサードリンク

痰が絡むときにはその痰が透き通っている場合もあり、またその痰に色が付いている場合もあります。

 

その痰の色によって、どういう性質の痰か分かってきます。

 

例えば痰というものは気道などでフィルターとしてつくり出されます。

 

つくり出されたときは無色透明な痰になります。

 

それが黄色くなるのはどういう理由があるのでしょう。
特に風邪のウイルスが多く含まれている場合は黄色くなります。

 

風邪が少し下り坂になってくると黄色い鼻水や痰が多くでませんか。
この黄色い痰の中には風邪のウイルスをどんどん取り込んで、殺してしまったウイルスの残骸の色だと考えていいでしょう。

 

ウイスルと戦った、その結果が黄色い痰になるのです。
ある程度、風邪の症状が下り坂になってきたこと自体、たくさんのウイルスの残骸が出るのも当然ですね。

 

黄色い痰が出てきたということは、「風邪の残骸が多くなっているから、もう治るよ」というサインとも考えられるわけですね。

 

そのほかに蓄膿による黄色い痰ということがあります。
蓄膿のために黄色い鼻水が多く出て、それが喉に流れ、それが痰になったという場合は、黄色い痰になります。

 

この場合は蓄膿の治療や手術をすることで、この黄色い痰は出なくなります。
そのほか黄色のように見えてもだんだんオレンジのようになる場合は、血液が混じっている場合もあります。
この場合は肺癌や喉頭癌のような場合もありますので、医師に相談をした方がいい痰もあります。

 

  スポンサードリンク